笑顔と石けんを作るりきまる石けん

教室・サークル

出張・外部講師

りきまる部屋



↑教室情報は、携帯からもアクセスできます↑



「ファイト!小児がんプロジェクト」にご協力お願いいたします。

rikisekkenをフォローしましょう 

講師プロフィール

りきまる石けんのサイトをご覧いただきありがとうございます。

「りきまる」とは?

”りきまる”というなまえは、下の子のことを父親が”りきまる”と呼んでいたものを 借りています。

子供のすべすべ・ぷにぷにの肌をいつまでも守ってあげる石けんにしたいという思いで、
”りきまる石けん”という名前にしました。
ほんものの”りきまる”君は、今は”Jr.”と呼んどります。

石けんを手作りしようと思ったきっかけ

私りきまるは、もともと肌が弱く、市販の洗顔料が合わず困っていました。
使うと肌がぴりぴり、顔が痛くなるんです。

 ある時、よく行く図書館の本棚から、少しはみ出した本が目に留まりました。
「イラスト版手作りせっけんのすべて 河辺昌子」
廃油石鹸の作り方の本でした。

 「これは手間がかかりすぎてちょっと無理そう。もっと簡単なやり方だったらやってみたいな」
と他の方法を探し、コールドプロセスの作り方にたどりつきました。

 自分も洗顔料で苦労していましたが、上の子も肌が弱く、弱酸性ボディソープやきれいな色の入浴剤で、すぐに肌が赤くなってしまっていました。
乾燥もひどく、冬場は肩口の辺りをガリガリかいて、かき傷を作っていました。

りきまる長男とJr.

 自分の洗顔剤に困っていたこと、
うちの子にも安心して使えたら・・・・、それがきっかけで、石けんを自分で作り始めました。
使ってみると、とても自分の肌にあいます。

 子も知らぬ間に、乾燥がおさまっていました。 何より
「おかあさんが作った石けん!」
と喜んで使ってくれます。(使いすぎ)

教室を始めたのは

 自分で作るようになって、子供が喜んでくれる、自分も心地よい、それに、作る工程がとっても楽しい!
オイルをかえたり、 オプションもチョコレートやきゅうりのジュースを入れたりいろんなものが試せます。

 作るのが楽しくって、使って気持ちいい、この面白さを是非知っていただきたくって、
2002年6月、初めての石けん教室を堺市西文化会館の創作室で催したのでした。

活動履歴・資格

AAJアロマテラピー検定1級合格
現 NHKカルチャーセンター京橋教室(2007年より)、
伊丹市立障害者福祉センター「アイ愛カルチャー」 (2008年より)講座担当  
  • 2002年6月堺市にて教室開講
  • 2003年2月堺市・商工会議所主催ビジネスプランコンテスト準グランプリ受賞
  • 2004年大阪府先導的CB創出支援事業選出
  • 2004年12月堺市チャレンジショップ入居
  • 2007年よりNHK文化センター講師
  • 2010年NHK大阪「ぐるっと関西おひるまえ」出演
  • 2012年10月 J-COM TV 「ココラボ」出演
活動履歴
外部講師 難波市民学習センター、 阿倍野市民学習センター、NHKカルチャーセンターりんくう教室、近鉄文化サロン上本町、 よみうり文化センター
詳細は、講師実績<(社)大阪府総合福祉協会 高齢者コミュニティワーカーズ活動支援コーディネーター/td>
公共施設 堺市健康福祉プラザ、キッズプラザ大阪、奈良県五條市中央公民館、堺市中区文化会館
一般向け講座 2012.6.8 あべのキューズモール 「緑をつなぐプロジェクト」、夏祭りイベント
2012.6 徳矢住建様
2010.11 チャーミングスクエア芦屋様

2010.4月〜11月 梅田ルピシアティースクール様
2010.2008.大阪トヨペット和泉店様

PTA・子ども会(2012年度) 徳尾子供会様、富田林市高辺台小学校PTA様、スターブレインズ様、関西大学初等部PTA様、堺市福泉上小学校PTA様、 クラーク記念国際高等学校芦屋校様、柏里小学校PTA様
製作指導
  • 神戸市ゆめの工房さま
  • 河内長野市こころッとさま
  • 堺市麦の会作業所様
  • 堺市西地域包括センター

  • ▲pagetop